3世代で骨ささげる 「弥生人渡来説」唱えた金関丈夫氏ら4人 世界的にも類を見ない標本、遺伝研究の貴重な資料に

西日本新聞

「弥生人渡来・混血説」を唱えた金関丈夫氏=1950年代 拡大

「弥生人渡来・混血説」を唱えた金関丈夫氏=1950年代

金関毅氏=2015年 金関恕氏=2007年

 日本人のルーツを語る上で今や定説となっている弥生人の「渡来・混血説」。弥生人骨を分析しその学説を生み出した金関丈夫(かなせきたけお)・元九州大教授(1897~1983)の2人の息子が、学問の発展のため死後は骨格標本にしてほしいと遺言し、2015年11月と今年3月に久留米大医学部に献体された。丈夫氏とその父喜三郎氏の標本も残されており、世界的にも類を見ない3世代4人の標本がそろうことになる。学問にささげた一家の思いに触れ、後進たちは「大きな宿題を与えられた」と背筋を伸ばす。

 人類学者で解剖学者の丈夫氏は、北部九州や山口県西部で出土した弥生人骨が、朝鮮半島の骨に似ていることから、大陸由来の遺伝子が関わっていると主張。東大教授が唱えた、縄文人が形を変えたとする「変形説」との間で60~70年代に論争を巻き起こしたが、丈夫氏の死後、遺伝子解析技術の発展によって正しさが立証された。

 一方で、骨格形成への遺伝的影響は、親子間やきょうだい間の資料が少なく、ほとんど解明されていない。

 喜三郎氏は、人骨研究に熱中する丈夫氏に「私の骨もおまえにやる」と言い残し、1943年に死去。丈夫氏は教授を務めていた台北帝国大(現国立台湾大)で父を骨格標本にした。さらに学会誌に「息子の分も含めて3代の骨格を形質遺伝学の研究資料に」と記し、献体の意思を表明。奈良県で亡くなった後、遺言通り遺族の手で九大に運ばれ、標本となった。

 息子世代の献体は、九大や佐賀大で教授を務め2015年に89歳で亡くなった解剖学者の長男毅(たけし)氏と、大阪府立弥生文化博物館長などを歴任し今年3月に90歳で亡くなった考古学者の次男恕(ひろし)氏。父の専門分野を分けるように受け継いだ2人は、早くから周囲に献体の意思を伝えていた。

 毅氏の後輩として献体の手はずを整えた十時忠秀・佐賀大名誉教授(75)によると、晩年に「私を標本にしてくれる大学を探しておいてほしい」と何度も念押しされたという。骨格標本を作れる大学は減少し、各地の国立大が断る中、久留米大が倫理委員会に諮って受け入れを表明。手厚く葬りたいと葛藤した家族も、最後は遺志を尊重して送り出したという。

 毅氏の標本は既に完成、恕氏は数年かかる。その後は九大博物館の管理下で、4体一緒に専用室で保管される。

 1991年に喜三郎氏と丈夫氏の標本を調べた形質人類学者の土肥直美・元琉球大准教授(73)によると、3代続いて標本があり、さらに生前の姿や子孫が判明しているのは世界的に例がない。「金関先生から後輩たちへの、しっかりやれよという激励だ」

 土肥さんと共同で、今月末から3代の標本調査を始める佐賀大の菊池泰弘講師(45)は「骨は、遺伝要因と環境要因によって形作られるが、どの部位が遺伝しやすいか、3代そろうことで明らかにできる。DNAが抽出できればより詳しい骨格形成への影響が解明でき、将来的にも研究の幅を広げてくれる」と話している。

=2018/04/23付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ