不妊治療で死亡、3医師を書類送検 業過致死容疑 福岡県警

西日本新聞

女性が死亡する医療事故が起きたセントマザー産婦人科医院=23日午前8時39分、北九州市八幡西区 拡大

女性が死亡する医療事故が起きたセントマザー産婦人科医院=23日午前8時39分、北九州市八幡西区

 北九州市八幡西区の「セントマザー産婦人科医院」で2016年11月、不妊治療の手術を受けていた福岡県宗像市の女性会社員=当時(37)=の容体が急変し、その後死亡した医療事故で、福岡県警は23日、業務上過失致死の疑いで男性院長(68)と、当時の男性主治医(37)、男性医師(37)の3人を福岡地検小倉支部に書類送検した。捜査関係者によると、医院側は当初、遺族らに対し「医療ミスではない」と虚偽の説明をしていたという。

 書類送検容疑は同年11月16日、女性の卵管の詰まりを改善するための腹腔(ふくくう)鏡や子宮鏡手術をした際、主治医が卵管に大量の空気を送り込み、その後、空気塞栓(そくせん)による多臓器不全で死亡させた疑い。男性医師は医療行為を制止せず、院長は主治医への指導監督を怠った疑い。

 院長は、人体に危険のない色素水を流す「通水検査」を行い、これ以上の治療は必要ないと判断して手術室から退席。しかし、卵管の通りをさらに良くしようとした主治医が空気を送り込む「通気検査」を繰り返したところ、容体が急変した。女性は意識不明のまま別の病院へ搬送され、約2週間後に死亡した。

 捜査関係者によると、同院では日常的に通気検査を実施。通常は30~40CCが目安とされるが主治医は十数回にわたり数百CCを注入した疑いがある。県警は空気の一部が血管に入り、全身の血流が妨げられ多臓器不全を起こしたとみている。

 県警の調べに主治医は「卵管を通そうと夢中になって入れすぎてしまった」と容疑を認め、院長と男性医師は「監督したり制止したりすべきだったが(自らの)過失はない」と話しているという。県警は主治医について、起訴を求める「厳重処分」の意見書を付けたとみられる。主治医は既に同院を辞めている。

 西日本新聞の取材に対し医院側は「捜査に全面的に協力している。その結果が出ておらず、回答を差し控える」と話した。

=2018/04/24付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ