新スタジアムに高層ホテルやマンションも ジャパネットが500億円超負担 長崎造船所跡地の再開発

西日本新聞

サッカースタジアム(中央)や高層マンション(左)、ホテル(右)など、再開発のイメージ図 拡大

サッカースタジアム(中央)や高層マンション(左)、ホテル(右)など、再開発のイメージ図

 三菱重工業長崎造船所幸町工場跡地(長崎市)の活用事業で、優先交渉権者となったジャパネットホールディングス(HD)の高田旭人社長が26日、長崎県佐世保市内の本社で記者会見した。サッカーJ1、V・ファーレン長崎の新スタジアムを核にホテル、タワーマンションなどを建設するプロジェクト概要を公表、500億円規模の総工費全額を自社で負担すると表明した。約7ヘクタールの市中心部の一等地で“スタジアムパーク構想”が動きだす。

 構想によると2年後に工事に着手。新スタジアムは百数十億円をかけ、2023年をめどに完成を目指すほか、地上115メートル、34階建ての高層マンションや、地上150メートル、36階建てのホテルなどを建設する。スタジアムは2万3千人収容で一部の屋根を透明化。太陽光を通すことで芝を養生しやすくし、ホテルから直接観戦できるようにするという。

 高田社長は「借り入れを含め自己負担でやっていく。リスクを負ってやろうと考えている。長崎の皆さんにとって誇りとなる場所にしたい」と述べた。

=2018/04/27付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ