「何でまた」3度目のがん発症に泣いた 職場に遠慮、仕事辞めるしか…治療と両立の鍵は

西日本新聞 医療面

【がんと働く】<3>職場に遠慮、辞めるしか…

 医学の進歩で、がんとともに働ける人は増えている。一方で、仕事を辞めざるを得ないケースが後を絶たない。急性骨髄性白血病から復帰して福岡県の中堅メーカーで働いていた女性(28)の場合、2度目の再発がきっかけだった。

 人事部の採用担当として、意中の学生が入社を決意してくれたときの達成感は、今も忘れない。だが、求められる仕事量と、こなせる体力との落差に「燃え尽きた」。

 最初の発症は大学2年、20歳のときだった。5カ月の入院と2年の通院を経て、がん細胞は確認できなくなった。就職活動では履歴書に「1年休学」とだけ書き、病名は告げずに入社した。1年目から新規採用を任され、会社説明会や大学訪問に走り回った。

 1年たった2015年3月末、再発。突然の入院にも上司は「気にせずしっかり治療しておいで」と送り出してくれた。同僚からは仕事の報告メールが随時届いた。「帰る場所がある」。力が湧いた。

 1年で復職でき、休む前と同じ業務を担当させてもらえた。往復2時間のマイカー通勤はきつく、昼休みに横になっても疲れは回復せず、帰宅後は食べる元気もなかった。それでも「せっかく任された仕事。抗がん剤治療より、きつくない」と踏ん張った。

 わずか半年後、2度目の再発。「働き方と再発リスクに因果関係はない」との定説を聞かされても「体が悲鳴を上げているのに無理をしたからだ」と自分を責めた。「どうして産業医に相談しなかったのか」と主治医に問われて初めて、社員の健康管理に当たる産業医の存在を知った。

 「産業医に相談しておけば」「入社3年目なのに迷惑を掛けている」…。後悔と遠慮が胸を覆った。休んだ期間が計1年3カ月に及び、16年11月、退職を選んだ。

 兄からの骨髄移植で持ち直した今も仕事はしていない。「がんを治療しながら働くのって、やっぱり甘くない」。それが実感だ。

 福岡県筑紫野市の山内千晶さん(48)の場合、経営者の言葉に傷ついて離職した。

 04年、せきが止まらずに受診し、急性骨髄性白血病と診断された。ただ、ケースワーカーとして勤務していた訪問看護ステーションを辞める気はなかった。上司は「戻っておいで」、主治医も「辞めなくていい」と言った。

 しかし、見舞いに来た同僚から経営者の本音を聞かされた。「いつまで休むか分からないので、困る」。抗がん剤投与でつらい時期、入院仲間には再発して戻ってくる人もいた。「先が見えない。職場に迷惑を掛けたくない」と病床で退職願を書いた。

 06年に再発し、治療は長引いた。娘2人の教育費も重なる将来が不安で、退院後に再就職を目指した。「通院日は休む」と伝えると「治療に専念した方がいい」。10社以上に挑み、不採用が続いた。

 仕事は諦め、骨髄バンクやがん患者支援のボランティア活動に力を注ぎ始めたころだった。16年2月、今度は乳がんが見つかり、両乳房を手術した。抗がん剤、放射線…。「何でまた」と泣いた。

 治療の最中、ボランティア活動を評価した母校の同窓会事務局から、白血病の経験を承知で臨時職員として声が掛かった。乳がんの治療中と打ち明けると「どうしたら働ける?」と返ってきた。「重い物は持てないけれど、電話応対やパソコンは得意です」などと話し合い、原則週3日で勤務することが決まった。

 がんになる人の3割を働く世代が占めている。「がんでも誰でも働きやすい社会にしたい」。3度も発症した自分だからこそ、できることがあると思う。

 ●「自己理解」が就職の鍵

 働きながら、がんなどの通院治療をしている人は推計31万4000人(2016年、国民生活基礎調査)。国は13年度、全国5カ所のハローワークに専門相談員を配置し、16年度からは全都道府県に拡大した。

 ハローワーク福岡中央(福岡市)の相談窓口には、事前予約制で年間60~70人が訪れる。治療と両立できる転職先を探す“一家の大黒柱”や、治療費を賄いたいとパートを望む主婦、小児がんを克服したものの就職先が決まらない新卒者などさまざまだ。

 専門相談員の谷屋洋子さん(56)=写真=は「在職中の人は早まって辞めないで。まずは有給休暇や社内の休暇制度を活用して治療し、その間に本当に両立が難しいのか、医師や職場に相談しながらよく検討してほしい」と助言する。

 いったん辞めると、離職期間が長いほど雇う側は不安を抱く。さらに再就職先でうまくいかなければ本人も自信を失い、困難が増す。それよりは、仕事の蓄積もあって人間関係も既にできている従来の職場での継続勤務を勧める。

 求職活動で壁となるのは、治療歴を明かすかどうか。通院回数や副作用には個人差がある。谷屋さんは本人に任せている一方、経過観察中であることを隠して就職した人が再発して休みがちになり、解雇された例も知っている。

 谷屋さんは「がんを明かして就職できた人に共通するのは、意欲やスキルの高さはもちろんだが、がんにどう向き合い、今どんな状態にあるかを会社側に分かりやすく的確に説明できる人。自己理解の有無が鍵になる」と話す。

=2018/04/29付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ