大きいことはいいこと?【しもじもの話】

西日本新聞

 「大きいことはいいことだ、ソレッ、50円とはいいことだ」

 私が小学4年生のころに流行した、チョコレートのCMです。テレビドラマで先日久しぶりに目にしました。当時、私のお小遣いは1日10円から20円にアップしたばかり。「子どもがチョコを食べると鼻血が出る」と食べさせてはもらえず、買うこともできません。そこで、おやつはいつもの「すずめのたまご」20個だけにして、残りの10円は、大人の匂いのするチョコを手に入れるため、机の引き出しに貯金していたものです。

 ところで、子どもから大人の体へと変化する時期を思春期と言います。女子は胸が膨らみ、月経が始まり、大人になった変化をはっきりと自覚できます。一方、男子はペニスが大きくなり、周りに毛が生えて、精液が出るようになると思っている人が多いようです。私は中学校などで性教育の授業をすることがあるのですが、修学旅行の時、マジックで毛を書いて行く男子もいるそうです。社会人になっても大きいことはいいことだと思い込み、ペニスの大きさを気にする男性がほとんどです。

 でも実は、精巣(睾丸(こうがん))の成長が大人の体への一歩です。男子は男性ホルモンの働きで大人に変化します。その男性ホルモンを分泌するのも、精子をつくるのも精巣です。精巣は、思春期前には容量2ミリリットルの大きさ、3ミリリットルになると思春期が始まり、さらに大人になると15~20ミリリットルまでに達します。何と子どもの10倍です。

 男子の場合、筋肉質でも痩せていても、ひげが濃くても薄くても、たとえ射精ができていても、何より、精巣がそれなりの大きさに成長していることが大人の体になったという証拠です。

 精巣の大きさの目安は、子どものころは「すずめのたまご」、思春期が始まるころにはアーモンドチョコレート、大人になるころにはOKサイン(親指と人さし指でつくる輪っか)くらいです。

 お~い男性諸君!! ペニスの大きさばかり気にせずに、たまには玉の大きさ気にしろよ! もし、心配なときは「そうだ、泌尿器科へ行こう」。

 (泌尿器科医・池田稔)

=2018/05/14付 西日本新聞朝刊=

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ