メーテルなどモデル 松本零士さん考案、デザインマンホール披露 小倉駅周辺など設置へ

西日本新聞 北九州版

 北九州市ゆかりの漫画家松本零士さんがデザインしたマンホールが19日、小倉北区のJR小倉駅前で披露された。「銀河鉄道999」のキャラクターなどを描いた9種類。メーテルがモデルのマンホールは同じ図柄が2枚あり、市は今後、魚町銀天街など同駅周辺の9カ所と北九州空港の1カ所に順次、設置する。

 同市の下水道事業が旧若松市(若松区)で始まってから今年で100周年となるのを記念し、北九州市が松本さんにデザインを依頼した。

 駅前には漫画ファンやデザインマンホール愛好家が駆け付け、松本さんや北橋健治市長らが除幕し、色鮮やかなマンホールをお披露目した。「北九州は私の大切な古里。マンホールを手掛けたことは光栄です」と松本さん。セレモニー後のトークショーでは、同市で過ごした少年時代の思い出などを語った。

 市は7月、市内の小学生のポスターを基にしたマンホールや、若松区の特徴を生かしたデザインのマンホールを設置する予定。

=2018/05/20付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ