小中学生の習い事の費用支援 経済的事情であきらめないで 別府市社協が年2万-3万円

西日本新聞

 大分県別府市社会福祉協議会は23日、スポーツや音楽などに意欲があるが経済的な理由で取り組めない小中学生に、年2万~3万円を支給する事業を7月から始めると発表した。10年程度続ける見通し。同社協によると、社協が個人に対して資金的支援する事業は九州では初めてという。

 対象は親が市内に住む小中学生。低所得など家庭の経済的な事情で、スポーツや音楽、芸術活動などに二の足を踏んだり、中断したりしないようにするため、小学生に年上限2万円、中学生同3万円を支給する。年間で小学生30人、中学生25人を想定し、事業費は年135万円。年4回募集、約3カ月後に支給する。外部委員を入れた審査会で審査して支給対象者を決める。

 高校生には、入学や進級時に3万円を支給する奨学金支援事業を10月から始める予定。年に15人を想定している。

 同社協は2015年、市内の篤志家から2800万円を寄贈され、基金を創設。生活相談を通して、子どもたちがスポーツなどを我慢したり、指導者らが自己資金で支援したりする現状が明らかになったことから事業化した。基金への募金も呼び掛けている。

 釜堀秀樹常務理事は「個性を伸ばし、市の将来を担う人材に育ってほしい」と話している。

=2018/05/24付 西日本新聞朝刊=

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・社会部

メールアドレス:syakai@nishinippon.co.jp / ファックス:092(711)6246

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・社会部

メールアドレス:syakai@nishinippon.co.jp / ファックス:092(711)6246

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ