トランプ氏「来月12日もあり得る」 米朝会談再調整に意欲 北朝鮮、中止再考促す

西日本新聞

 【ソウル曽山茂志、ワシントン田中伸幸】トランプ米大統領が6月12日にシンガポールで予定していた北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談中止を表明したことについて、北朝鮮の金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官は25日、「突然の発表で極めて遺憾だ」と批判する談話を発表した。ただし「問題解決のため、いつ、いかなる形ででも直接会談する意向があることを伝える」とも言及。米国に再考を促した。トランプ氏は談話を評価し、記者団に「6月12日もあり得る。北朝鮮と協議している」と述べ、正恩氏の出方を見極める方針を示した。

 金桂冠氏の談話は、北朝鮮が最近の強硬姿勢を軟化させ、対話路線の継続をアピールする狙いがあるとみられる。談話はトランプ氏が過去の歴代米大統領が実現を避けてきた米朝首脳会談開催に向けて「勇断を下して努力した」とも評価し、朝鮮半島の平和や安定構築に向けた米朝首脳会談実現への意欲を示した。

 談話内容の報告を受けたトランプ氏は25日、ツイッターで「温かく生産的で良いニュースだ」と歓迎。その後、ホワイトハウスで「北朝鮮も米国も開催を望んでいる」と述べ、会談実現を目指す考えを示した。

 トランプ氏は会談中止表明直後の24日、会談が実現しないのは「北朝鮮と世界にとって大きな後退だ」と指摘する一方、「正恩氏が建設的な対話と行動を選択する時を待っている」と強調した。同日、米議会公聴会に出席したポンペオ国務長官も「元いた場所に早く戻れるよう望む」と述べ、首脳会談の早期実現に期待感を示した。

 しかし、トランプ氏は今後、北朝鮮が米国の安全を脅かす行動を取った場合は「必要ならば米軍の準備はできている。安全保障で妥協することは決してない」とも述べ、制裁強化に加えて、米軍による軍事力行使をちらつかせながら強硬姿勢を強める構えをみせ、北朝鮮に警告した。

 会談中止の理由について、ホワイトハウス高官は北朝鮮側が▽ペンス副大統領らを激しく非難する談話を発表した▽先週、シンガポールで開催予定だった事務方の協議に北朝鮮側が無断で欠席し、理由の説明もなかった▽豊渓里(プンゲリ)の核実験場廃棄に検証作業ができる専門家や当局者も招くと表明したが、記者だけしか招かなかった-点などを指摘。「多くの約束が破られ信用できない」として、北朝鮮側に非があると主張した。

=2018/05/26付 西日本新聞朝刊=

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ