3人以上産んで発言「賛同多い」 自民・加藤議員

西日本新聞

 自民党の加藤寛治衆院議員(長崎2区)は27日、新郎新婦に3人以上の出産を求めた自身の発言について「全国から賛成、激励の意見も多数寄せられた」と述べた。発言は「出産の強要ではないか」と批判され、加藤氏は撤回していた。

 加藤氏は長崎市で開かれた党県連大会であいさつ。「多くの批判は甘んじて受けなければならない」と前置きして「批判以上の賛同ももらった」と話した。全国から届いた「全く不快ではない」などの意見も紹介した。

 加藤氏は大会後の取材に「批判もあったが、激励、賛同の意見もあったので紹介しただけだ。弁解したわけではない」と説明した。

 加藤氏は今月の派閥会合で、結婚披露宴に出席した際は新郎新婦に「3人以上の子どもを産み育ててほしいと申し上げている」と発言した。

=2018/05/28付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ