桜島で爆発的噴火 噴煙4700メートル

 16日午前7時19分ごろ、鹿児島市の桜島の南岳山頂火口で爆発的噴火があり、一時噴煙が高さ4700メートルまで上がった。福岡管区、鹿児島地方両気象台によると、小規模な火砕流も発生した。噴煙が4千メートルを超えるのは昨年5月2日の昭和火口での噴火以来という。

 気象庁は2016年2月以降、噴火警戒レベル3(入山規制)を維持している。

=2018/06/16付 西日本新聞夕刊=

鹿児島県の天気予報

PR

PR