やっと出会えた“王子様”の秘密 おなかには新しい命…「それでもいい」灰色の距離感を選んだ女性

西日本新聞

出会いを求める人たち<3>

 テレホンクラブ、通称テレクラは1980年代半ばに登場した。男性は店舗の狭い部屋で、女性からの電話を待った。携帯電話が爆発的に普及する前夜、出会い系の主要ツールだった。

 そのころ生まれたサキさん(35)=仮名=は昨年夏、スマートフォンの出会い系アプリで二つ年下の彼と知り合った。長距離トラックの運転手をしている。これまでの人生を考えると「王子様でした」。

 運送ルートの経由地にある地方都市で、子どもと一緒に暮らしている。10年連れ添った前の夫からは、連日のように暴力を振るわれた。別れた後にできた恋人は、しつけと称して子どもを殴った。自分も虐待を止められなかったと判断されて、子どもを児童相談所に保護されてしまう。

 1人になったとき、何げなく見たスマホで「すてきな恋」とうたうアプリが目に留まった。趣味や興味のある項目を選ぶだけで登録でき、1日50人以上からアプローチがあった。癒やされたくて5人と会った。その中の一人が彼だった。

 週に1度、運送の途中で立ち寄ってくれる。児相から引き取った子どももよく懐き、日用品を買い足してくれるなど、さりげない優しさがうれしかった。

 程なく、おなかに新しい命が宿った。ところが「王子様」には秘密があった。

   ■    ■

 90年代後半はウェブ掲示板、携帯電話とともに出会い系サイトが隆盛し、スマホ全盛の最近は出会い系アプリが主流になっている。テレクラからスマホへ。飛躍的に身近になった出会いのツールを「王子」は浪人中の20歳から使いこなしてきた。

 周囲に医学部への進学を期待され、重圧から逃れたかったのか。敷かれたレールから外れて職を転々とする中、ツールを駆使して数十人と関係を持った。小学生の子どもも2人いるが、婚姻歴はない。

 「ほれた女との間にDNAを残したいと思うのは男の本能。側室がいた将軍みたいなもの」。今もサキさんのほかに「真剣に交際している」という女性が3人いる。自分の価値観が世間からずれている自覚はある。それでも「法律上の結婚に縛られたくないだけで、子育てはする。養育費も払っていく」と主張する。

   ■    ■

 「ネット上で出会えるツールの登場が、人との距離感を大きく変えた」。対人心理学が専門の斉藤勇・立正大名誉教授は、人と簡単につながれて密に連絡を取り合えるため、恋愛に発展しやすくなっていると指摘する。一方で地域社会をはじめ、リアルな人間関係が希薄になり「欲望を制限する世間体の圧力は小さくなってきた」と分析する。

 実はサキさんも、別の女性の存在にうすうす気付いている。子どもの将来も心配で仕方ない。でも今は、相手の全てまでは見えない灰色の距離感が「ちょうどいい」。過去に夫や恋人から受けた心の傷が、そう思わせるのかもしれない。

●連載で伝えたいこと

 出会い系サイトや専用アプリ、SNS…。インターネットの普及で出会いの間口が広がっている。半面、見えない世界だけに危険も潜む。

 神奈川県座間市で昨年10月、9人の切断遺体が見つかった。今年2月には大阪市の民泊で女性の遺体が見つかり、米国人の男が傷害致死罪などで起訴された。いずれも被害者と加害者はSNSで通じていた。

 子どもたちも巻き込まれている。警察庁によると2017年、アプリやSNSを介して買春などの被害に遭った児童生徒は1813人に上り、5年連続で最多を更新した。

 もちろん健全な出会いもたくさんある。婚活市場は盛り上がり、新ビジネスも続々と登場している。光と影、灰色の世界。この連載では「出会い」をキーワードに時代の今を切り取る。

=2018/06/21 西日本新聞=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ