電話予約が聴覚障害者に壁 西鉄オープントップバス 福岡市「合理的配慮を」

西日本新聞

福岡市内の観光地を巡るオープントップバス=21日午後6時ごろ、福岡市役所 拡大

福岡市内の観光地を巡るオープントップバス=21日午後6時ごろ、福岡市役所

 福岡市街地の観光地を巡る屋根のない2階建ての「オープントップバス」の聴覚障害者の乗車予約方法を巡り、市がバスを運行する西日本鉄道に対し改善を求めていることが分かった。予約は電話か市役所の窓口に限られ、電話で声が聞き取れない聴覚障害者が自ら予約するには窓口に出向く必要がある。市は、近く施行予定の障害者差別解消の推進条例で、事業者の努力義務とする「合理的配慮」に反する恐れがあるとみている。

 市ろうあ協会によると、聴覚障害のある市内の50代男性が昨年、窓口を訪れて予約をしようとしたが、希望日は満席で断念。「電話が使える人と対等に予約できるようにしてほしい」と訴えている。

 市の要求に対し西鉄は「聴覚障害者の方の排除は意図していない。お客さまの利便性向上のため、ネット予約の導入を前向きに検討していく」としている。ネット予約はシステム整備費用が膨大なため、これまで導入を見送っていたという。

 同バスは、市から提案を受けた西鉄が2012年に運行開始。2台の購入費約2億1千万円のうち市が7割を補助し、西鉄が運行費を負担している。観光客や市民らが1日平均約170人利用している。

=2018/06/22付 西日本新聞朝刊=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ