やまぬ豪雨に募る不安

西日本新聞 北九州版

水位が上昇し、一部で避難指示が出た八幡東区の板櫃川沿い=6日午前8時ごろ 拡大

水位が上昇し、一部で避難指示が出た八幡東区の板櫃川沿い=6日午前8時ごろ

八幡西区の八幡中央高校では土砂崩れで渡り廊下が崩落した=6日午前10時ごろ(住民提供) 小倉南区では断水したため、同区内の安部山公園に出動した給水車前に住民たちが並んだ=6日午後2時半ごろ 道路が冠水し、車が立ち往生する小倉北区篠崎の交差点=6日午前10時半ごろ(住民提供) マンホールから雨水が噴き出していた若松区白山3丁目の歩道=6日午前9時40分ごろ 冠水した岡垣町吉木地区を見回る町職員=6日午前9時ごろ

 激しい雨が6日、北九州・京築地区を襲った。濁流となった川は勢いを増し、冠水した道路では立ち往生する車が続出。土砂崩れも相次ぎ、茶色い土が家屋や道路になだれ込んだ。雨の影響で水道管が損傷して断水した地域には、給水車も出動。避難所に身を寄せた住民たちはいっこうに降りやまぬ雨に不安を募らせ、疲れの色をにじませた。

=2018/07/07付 西日本新聞朝刊=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ