江戸の頃から庶民に好まれたウナギは落語の題材にも…

西日本新聞

 江戸の頃から庶民に好まれたウナギは落語の題材にも。その一つ「鰻(うなぎ)谷」。へそ曲がりの魚料理屋の主人は、不漁続きで他の料理屋が休んでいると知って、店を開けてやろうと考えた。が、肝心の魚が手に入らない

▼ふと川を見るとヌルマがうじゃうじゃ。食べると命がないとされ、誰も見向きもしない魚である。仕方なく捕まえて帰り、かば焼きにしてみたら、香りも味もとびっきり

▼ヌルマを店で出したと知れば、客は「そんなもん食べられるか」と怒りだす。そこで女房が「私の手料理です」と助け舟。客が「うまいなぁ、お内儀(ないぎ)」と繰り返すので「お内儀」が「うなぎ」に聞こえ、いつの間にやらヌルマがウナギになったとか-

▼きのうは土用の丑(うし)の日。落語の中では川に「うじゃうじゃ」だったウナギだが、今や高根の花。ニホンウナギは絶滅が心配されるほど数が減り、養殖用の稚魚シラスウナギも記録的な不漁。価格高騰で「そんなもん食べられるか」と庶民の嘆きが聞こえそう

▼特定の日にウナギを大量消費する習慣を見直そうとの動きも。「牛肉やアナゴで精を付けて」とPRしたり、サンマやサバのかば焼きで代用したり、魚のすり身をウナギのかば焼きそっくりに仕上げたり

▼品薄、高値で密漁や違法取引も横行しているという。貴重な資源を守る助け舟と思えば、時にはウナギが「ウナギふう」になっても「うまいなぁ」といただけよう。

=2018/07/21付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ