世界遺産の沖ノ島に釣り用?くい 岩場に複数、県など撤去検討

西日本新聞

 世界文化遺産に昨年7月に登録された福岡県宗像市の沖ノ島の岩場や周辺の岩礁に、釣り用とみられる複数のくいが設置されていることが分かった。島は、所有する同市の宗像大社関係者以外の上陸が禁止されており、市や福岡県などが撤去を検討している。

 宗像市などによると、同市神湊の約60キロ沖にある沖ノ島周辺の海域は好漁場として知られており、昔から漁船だけでなく釣り人を乗せた遊漁船の行き来が多い。市関係者は「くいは世界遺産登録のかなり以前から見かけた。遊漁船で岩場に渡った釣り人が残したのではないか」と話している。くいは、岩場に上がった釣り人が自身や道具が流されないよう固定するために使うとみられる。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は世界遺産登録の際、沖ノ島への上陸や接近の増加が懸念される点について考慮するよう追加的勧告で求めた。文化庁は国の史跡エリアを島と三つの岩礁から、周辺の海域まで拡大して文化財保護法の適用範囲としており、宗像市は今年3月、保全のための基本条例を制定した。市や県、宗像大社などは上陸防止策を検討している。

 宗像大社の担当者は、くい撤去について必要性を認める一方、世界遺産登録後は島に接近する船は減ったとしており「近づいてはいけない島だという認識は浸透している。これを踏まえて島周辺での釣りの新たなルール作りを進めたい」と述べた。

=2018/07/29付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ