台風12号29日夜九州接近 河川増水、土砂災害など警戒

西日本新聞

 強い台風12号は29日午前1時ごろ、勢力を保ったまま三重県伊勢市付近に上陸した。西寄りに進み、九州北部には29日夜から30日未明にかけて最接近する。西日本では30日にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が、九州北部でも70ミリの非常に激しい雨が局地的に降るとみられ、気象庁は土砂災害や河川の増水・氾濫、暴風などに警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風12号は上陸後、速度を落としながら西寄りに進む異例のコースを取る。九州北部の早いところでは、29日明け方に風速15メートル以上の強風域に入り、昼前から雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。30日夜には九州付近で東シナ海に抜けるとみられる。

 台風12号は29日午前0時現在、三重県鳥羽市の東南東約40キロを時速約35キロで西北西へ進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

   ◇    ◇

九州各地で催し中止や延期に

 台風12号の接近に伴い、九州各地でも29日に開催されるイベントが中止、延期になるなどの影響が出ている。

 長崎市で開催中の「ながさきみなとまつり」は花火打ち上げやステージイベントなど29日の全イベントを中止。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産の登録を記念し、長崎県平戸市が同日に企画していた「平戸の聖地と集落」周遊クルーズも8月5日に延期された。

 大分県別府市で開かれている「べっぷ火の海まつり」の納涼花火大会は、29日から8月1日に延期した。まつり事務局は「平日への延期は残念だが、多くの人に来てほしい」と話した。

 福岡県直方市の「のおがた夏まつり」の実行委員会は29日に開催予定だったまつりのうち、追い山笠を中止、花火大会を8月6日に延期することを決めた。ステージイベントは別会場に移して29日に実施する。

 九州各地と関東、中部地方などを結ぶ空の便は28日、台風接近の影響で相次いで欠航。29日も一部の便で欠航が決まっている。

=2018/07/29付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ