逆走台風、九州北部を横断 通過後も大雨、強風にも警戒

西日本新聞

 台風12号は29日、三重県伊勢市付近に上陸した後、勢力を弱めながら西に逆走する異例のコースを進んだ。午後5時半ごろには福岡県豊前市付近に上陸。30日にかけて九州北部を横断、東シナ海に抜けた後、さらに速度を落とし、九州の西側に停滞する見通し。九州や四国で非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害や河川の増水・氾濫、高波、高潮に警戒を呼び掛けた。

 29日午後9時現在の中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。中心から半径220キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっている。30日午後6時までの24時間予想雨量は、多い地域で九州南部180ミリ、九州北部150ミリ。九州北部では30日にかけて最大瞬間風速30メートルの非常に強い風が吹く恐れもある。

 JR九州は29日夜の特急列車を一部運休。快速や普通も本数を減らして運行した。30日も一部路線で運休や遅延が出る可能性がある。長崎県・五島から博多港を結ぶフェリーは30日午前の便が欠航となった。

 九州豪雨の被災地にも警戒が広がった。福岡県東峰村は29日午前9時、村全域に「避難準備・高齢者等避難開始」を出し、45世帯57人(午後6時現在)が避難した。同県朝倉市も避難所10カ所を開設し、73世帯94人(同)が身を寄せた。

 同市杷木池田の避難所「らくゆう館」には午後から近隣の住民が食べ物や着替えなどを手に訪れた。九州豪雨で自宅前の道路が濁流になったという恵良モト子さん(72)は「怖くて早めに来た。今夜はここで過ごします」と不安そうに話した。

=2018/07/30付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ