「不老不死の桃」収穫体験 大分農業文化公園

西日本新聞

 中国の小説「西遊記」で、孫悟空が食べて不老不死の体を手に入れたとされる桃「蟠桃(ばんとう)」の収穫体験が1日、大分県杵築市の大分農業文化公園であった。

 蟠桃は真ん中がくぼんだ平たい形で、果肉が詰まった濃厚な味が特長。傷みやすく、国内ではほとんど流通していないが、フルーツマニアの間では「絶品の桃」として知られる。園は9年前に宇都宮大(栃木)から蟠桃の枝を譲り受け、接ぎ木をして育てている。

 今年は200個ほど実を付ける豊作。丁寧にもぎ取った杵築市の主婦安部梢さん(40)は「長生きしてほしいから93歳のおばあちゃんに食べさせてあげたい」。

=2018/08/02付 西日本新聞朝刊=

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ