平日の朝、水筒を準備する

西日本新聞

 平日の朝、水筒を準備する。高校に通う息子に持たせるためだ。小学校入学以来、夏も冬も。息子は主に福岡県で育った。周囲の子どもたちも同様に水筒を持参していたので、特に疑問に感じていなかった。

 しかし、さにあらず。水筒を巡る状況は、地域によってまちまちなのを最近知った。

 全国的には、水筒の持参を認めていない地域が結構あり、記録的な猛暑を受けて近年、持参可に切り替えた地域は多いが、6~9月など暑い時期に限定しているケースもあるという。水分補給は学校の水道水などで。水筒持参を認めている学校でも、給食時に飲んでいいとか、禁止とか、ルールはいろいろのようだ。

 インターネット上には、水筒持参の賛否などさまざまな意見がみられる。専門家の調査によると「水筒文化」は西日本に多く、東日本は少ないなど地域偏在があるという。皆さんが住む地域はいかがでしょうか。 (簑原亜佐美)

=2018/08/06付 西日本新聞朝刊=

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ