中学生実践英語学ぶ 久留米市教委が「留学体験」 海外3カ国の人とネットで交流

西日本新聞 筑後版

ネットで海外の人たちに久留米市を紹介する中学生 拡大

ネットで海外の人たちに久留米市を紹介する中学生

 英語の実践的なコミュニケーションに触れてもらおうと、久留米市教育委員会は8~10日、中学生を対象に「くるめ英語留学体験」を同市六ツ門町の久留米シティプラザで開いた。1~3年29人が参加し、米国、英国、オーストラリア3カ国とインターネットで結んで久留米の良さを英語でアピールした。

 外国語指導助手(ALT)らが講師を務め、生徒たちは英語で簡単な足し算引き算や世界の地理、1対1の英会話を学んだ。4~5人のグループに分かれ、ご当地名物の焼き鳥やラーメン、医療機関の充実ぶりなどを紹介するプレゼンテーションにも挑んだ。

 10日はネットの無料通話サービスを使って3カ国の人たちと交流。タブレット端末の画面を見せたり、身ぶり手ぶりを交えたりして会話を楽しみ、久留米の魅力もアピールした。

=2018/08/12付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ