レゴ世界遺産展1万人突破 長崎歴史文化博物館

西日本新聞

親子で来館し、1万人目の入場者となった筒井孝大君(右) 拡大

親子で来館し、1万人目の入場者となった筒井孝大君(右)

 長崎市の長崎歴史文化博物館で開催中の「PIECE OF PEACE レゴブロックで作った世界遺産展」(KTNテレビ長崎など主催、西日本新聞社共催)の入場者が13日、1万人を突破した。節目の入場者となり、レゴブロックを贈られた日見小2年の筒井孝大君(8)=同市=は「レゴブロックが大好きで夏休み前からずっと楽しみにしていた。学校の友達に自慢したい」と笑顔を見せた。

 7月21日に始まった同展では、大きなもので高さ1メートルほどのレプリカで「自由の女神像」(米国)など20カ国の27資産をブロック玩具で再現。ともに長崎市にある「明治日本の産業革命遺産」の端島(軍艦島)、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の大浦天主堂も含まれる。

 潜伏キリシタン関連遺産の全12資産はミニチュア版で初披露されている。KTN事業部=095(827)3400。

=2018/08/14付 西日本新聞朝刊=

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ