韓国語の芦屋町観光チラシ作成 訪日客ターゲット

西日本新聞 北九州版

 訪日韓国人旅行客を呼び込もうと、芦屋町は、ハングル表記の町内観光チラシを作成した。文化施設「芦屋釜の里」(同町山鹿)を大きく紹介。町がPRする特産のサワラなど、地域グルメも盛り込んでいる。

 チラシは両面カラーで、既に製作されている日本語版を元に5千部を作成。福岡空港や関釜フェリーが往来する下関港、小倉駅など40カ所に置いている。

 片面には町内の地図を全面にプリント。写真などの撮影ポイント、トイレに加え、宿泊施設や飲食店の場所を新たに追加。空港のある福岡、北九州両市からのアクセスマップも添えた。もう片面は観光スポットを紹介。レジャープール「アクアシアン」(同町芦屋)や芦屋海浜公園などを大きく扱っている。

 製作作業に当たった町地域おこし協力隊の沼亜矢子さん(41)は韓国に4年住んだ経験があり、「芦屋の良さを知るきっかけに活用してほしい」と話す。

=2018/08/18付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ