復興願い花火やライブ 日田市小野地区で夏祭り

 九州豪雨で被災した日田市小野地区の殿町で14日夜、地元壮年会主催の夏祭りがあった。昨年は豪雨で中止になったため2年ぶりの開催で、お盆で帰省した家族連れや地元住民ら約200人が花火やステージイベントを楽しんだ。

 「被災した地域を活気づけよう」と開催した。手づくりの焼き鳥などを販売し、音楽ライブやラムネ早飲み大会、餅まきなどがあり、普段は静かな谷筋の集落に明るい笑い声が響いた。終盤には約200発の打ち上げ花火もあり、夜空を彩る大輪は星空と競演して住民たちを魅了した。

 壮年会の和田昭彦会長(57)は「たくさんの人で地域がにぎわえば、それが力になり復興につながる」と祭りの成功を喜んだ。

=2018/08/21付 西日本新聞朝刊=

大分県の天気予報

PR

古代史講座

  • 2021年9月22日(水)
  • アクロス福岡 2階セミナー室2

PR