日田市でチャリティープロレス大会 大分市のFTO

 大分市を拠点に活動するプロレス団体「プロレスリングFTO」による「復興チャリティー大会」(実行委員会主催)が19日、日田市の中城体育館であり、鍛え抜かれたレスラーによる迫力ある試合に多くの市民が声援を送った。

 FTOは地域貢献を掲げて、被災地支援や福祉施設慰問などの活動を続ける。昨年の九州豪雨後には、所属レスラーが同市で被災家屋の片付けを手伝った。今大会も福祉施設の利用者を招待したり、収益の一部を市に義援金として贈ったりしている。

 この日は、FTO代表のスカルリーパー・エイジ選手や特別参戦のTAKAみちのく選手、津久見市出身の神田愛実選手たちが6試合を披露。空中戦あり、場外乱闘ありの戦いを繰り広げ会場を沸かせた。スカルリーパー代表は「今日の熱い試合が、日田の皆さんの明日への気力につながればうれしい」と話していた。

=2018/08/22付 西日本新聞朝刊=

大分県の天気予報

PR

古代史講座

  • 2021年9月22日(水)
  • アクロス福岡 2階セミナー室2

PR