巨大ナス「ヒゴムラサキ」をステーキに

西日本新聞

 ジャンボサイズが魅力だが、悩みの種でもある。高森町特産のナス「ヒゴムラサキ」は、夏から秋にかけて旬を迎える。生でかじるとリンゴのように甘い。長さは軽く30センチ、太さも十数センチ。消費者からは「大き過ぎて使い切れない」という声も聞かれた。

 そこで町からの依頼を受け、野菜ソムリエ上級プロの持田成子さん=熊本市=が提案したのがこの一品。べたに言えば「ナスのステーキ」だろうか。

 料理法は簡単。ヒゴムラサキを厚さ3センチ程度の輪切りにし、小麦粉をまぶしオリーブオイルでカリッと焼く。ソースは生のヒゴムラサキ、タマネギ、トマト、キュウリをみじん切りにし、オリーブオイルとレモン汁をあえて塩少々。阿蘇高菜の種マスタードをピリッと利かせる。

 地元ではみそ田楽で食べるのが定番だが、おしゃれなフレンチに。「季節の体に必要なものは、季節の野菜が持っています」と持田さん。中はとろりとジューシー。残暑を乗り切る知恵も詰まっている。

    ◇      ◇

 ヒゴムラサキ 高森町では9月、町内の飲食店で多彩な料理を提供するフェアを開く。同町農林政策課=0967(62)1111。

=2018/08/23付 西日本新聞朝刊=

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ