小学生とプロ選手が“対決” 小郡でバスケクリニック

西日本新聞 筑後版

 小郡市スポーツ協会は1日、小学生を対象にした「バスケットボールクリニック」を市体育館で開いた。Bリーグで来季1部昇格が決まったライジングゼファー福岡の石谷聡選手(33)=福智町出身=と薦田拓也選手(31)=福岡市出身=が講師を務め、約80人が汗を流した。

 7回目の今回はクラブチームに所属していない児童の参加も募った。パスなどの練習の後、2分間の試合形式で選手と児童たちが“対決”。児童が得点をもぎ取ると会場は沸いた。石谷選手は「上手になるには基礎練習を意欲的に取り組むこと。意識を高めて」と呼び掛け、薦田選手は「バスケットを楽しむ気持ちを忘れないで」と話した。

 東野小6年の田中潤平君(12)は「プロ選手は迫力があった。教わったことを試合にも生かす」と笑顔を見せた。

=2018/09/02付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ