耶馬渓ダム貯水率低下続く 25%切れば取水制限強化 農工業用は過去最大

西日本新聞

 貯水率低下が続く耶馬渓ダム(中津市耶馬渓町)を管理する国土交通省山国川河川事務所は6日、現在31・3%(同日正午現在)の貯水率が25%を切った時点で、上水道25%をはじめとする過去最大級の取水制限を実施することを決めた。週末にはまとまった降雨も予想されているが、同事務所は「降雨次第では、さらなる取水制限に至る可能性もある」と話す。

 ダムの関係自治体や土地改良区など約20の団体を集め同日開かれた会合では、ダム貯水率が25%を切った時点で、上水道25%、農業用水45%、工業用水90%の取水制限を実施することを申し合わせた。特に、農業、工業各用水の取水制限は1985年のダム運用開始以来、最も厳しい水準となる。

 各土地改良区などの農業団体からは「水の配分を巡るいがみ合いは実際起きている。今後の人間関係もあるのでなんとかなだめている」など切実な声も聞かれた。耶馬渓ダムでは既に上水道で20%、農業用水30~40%、工業用水75%の取水制限を行っている。

 中津市も同日、渇水対策本部会議を市役所で開催。1日の降雨で農業用水は一時の厳しい状況を脱したが、三光支所管内は依然、予断を許さない状況。同支所によると、対策として(1)農業集落排水施設の処理水放流(2)地下水取水施設12カ所からの放流-などで農業需要に辛うじて対応しているという。

 大分地方気象台によると、前線に向かって南から湿った空気の流れ込む影響で、県内では中津市耶馬渓と日田市を中心に、9日夕方までに多いところで150ミリ程度のまとまった雨が降る予想。ただ、中津市は「市民には引き続き節水に協力してほしい」としている。

=2018/09/07付 西日本新聞朝刊=

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ