議員の出張時 日中飲酒禁止 北九州市議長通知へ

西日本新聞

 北九州市議会(定数57)の井上秀作議長は、議員が国内外に公務出張した際、日中の飲酒を禁止する通知を10日に出す方針を決めた。6月末にスペインを視察中だった一部議員が昼食時に飲酒していたことが発覚したのを受け「信頼を低下させる行為だった。海外であっても国民の感情を鑑みれば容認されるものではない」と判断した。

 視察団は6月24日~7月1日の7泊8日の日程で、スペインとフィンランドで環境、福祉などの先進例を視察した。参加市議は自民党4人、公明党2人、国民民主党系のハートフル北九州2人の計8人。議会事務局職員2人も同行し、旅費約800万円は公費だった。

 6月25日と27日、スペインのマドリード、バルセロナの昼食で全員にワインが提供され、一部が1杯程度を飲んだという。飲酒した議員は「リラックスして口にした。公務中なので慎むべきだった」と話している。両日とも飲酒後も観光地視察を続け、飲酒代は議員が自己負担したとしている。

 関係者によると、議員の海外視察などに関するテレビ番組の取材を受けて発覚した。

=2018/09/09付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ