軍艦島を望む砂浜でTシャツアート展 小中学生らデザイン 長崎市

西日本新聞

 小中学生らがデザインしたTシャツ約340枚が潮風に揺れる「2018のもざき砂浜Tシャツアート展」(実行委員会主催)が16日、長崎市の高浜海水浴場で始まった。

 シーズンを終えた秋の海水浴場にも人を呼び込もうと企画した。一般からの応募作品も展示されており、青い海の向こうに浮かぶ端島(軍艦島)を眺めることもできる。

 展示会への協力金(100円)を支払えば、最優秀賞を決める投票に参加できる。副実行委員長の菅原洋樹さん(38)は「まだ暑い日が続きます。ぜひTシャツ姿でお越しください」。24日まで。

=2018/09/17付 西日本新聞朝刊=

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ