3歳児に絵本プレゼント 唐津市が本年度から事業開始 贈呈式で市長が読み聞かせ

西日本新聞

園児たちに絵本を読み聞かせる峰市長 拡大

園児たちに絵本を読み聞かせる峰市長

 唐津市は27日、市内の3歳児に絵本を無料で配る「絵本とこんにちは事業」を始めた。市近代図書館の職員たちが市内の幼稚園や保育園など58園を訪ねたり、申し込み書を自宅に郵送したりして約900人にプレゼントする。

 市は、0歳児に絵本をプレゼントする「ブックスタート事業」に取り組んでおり、本年度から、知能や感情が大きく発達するといわれる3歳児にも対象を広げることにした。

 この日は、同市西城内の唐津幼稚園で贈呈式があり、峰達郎市長が「時間を見つけて保護者の方と一緒に絵本に親しんでほしい」とあいさつ。事前に希望していた絵本を園児に手渡し、「はらぺこあおむし」の読み聞かせも行った。

 保護者の川添郁子さん(41)は「頂いた絵本をきっかけに、子どもとの時間をつくりたい」と話していた。

=2018/09/28付 西日本新聞朝刊=

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ