第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

豊島、新王位に 二冠目獲得

西日本新聞

 将棋の第59期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第7局2日目は27日午前9時から、東京都千代田区の都市センターホテルで指し継がれ、午後4時26分、先手番の豊島将之棋聖(28)が127手で菅井竜也王位(26)を下し、4勝3敗で初の王位を奪取した。

 7月に豊島が棋聖を獲得し、八大タイトルを8人が分け合う群雄割拠状態になっていたが、その一角が崩れ、豊島が唯一の二冠となった。

 今期7番勝負は、第7局までいずれも菅井の振り飛車、豊島の居飛車の対抗形の戦いとなり、全て先手番が勝利した。

 豊島 将之(とよしま・まさゆき) 1990年、愛知県一宮市生まれ。桐山清澄九段門下。2007年に四段プロデビュー。11年、王将戦でタイトル初挑戦。16年、将棋日本シリーズJTプロ公式戦で初優勝。17年に八段昇段。今年7月に初タイトルの棋聖を獲得。タイトル戦登場は今回が6回目だった。

豊島、冷静に寄せ切る 王位戦第7局

=2018/09/28付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ