元チェッカーズ大土井さん、魚楽園で支援ライブ

西日本新聞 筑豊版

 西日本豪雨で被災し、閉園状態が続く川崎町の国指定名勝庭園「藤江氏魚楽園」を元気づけようと、元チェッカーズのベーシスト大土井裕二さん(55)が5日夜、同園内のカフェで弾き語りライブを行った。

 大土井さんは母親が添田町出身で、もともと筑豊地区では初めてとなるソロライブを魚楽園で開く予定だった。同園は7月の豪雨で、大量の土砂や流木が流れ込むなど大きな被害を受けたため、ライブの中止を検討。だが、大土井さんが「音楽で元気づけたい」と提案してくれたことから、会場をカフェに変え、ライブを開くことにした。

 5日は「I Love you, SAYONARA」などチェッカーズ時代の曲やオリジナル曲を披露。魚楽園のオーナー藤江敬子さん(48)は「例年数万人が訪れる秋になっても閉園が続き、落ち込んでいたところに駆けつけてくれてうれしい。来年は、きれいな庭園を見てほしい」。チェッカーズの大ファンだったという川崎町の久保山恵美子さん(45)は「夢見心地です」と目を潤ませていた。

 大土井さんは6日、飯塚市八木山の「クイーンクックカフェ」でもライブを開いた。

=2018/10/07付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ