「めんたいぴりり」、京都国際映画祭で初上映

西日本新聞

 めんたいこ製造販売の「ふくや」(福岡市)創業者の故川原俊夫さんをモデルにした映画「めんたいぴりり」が完成し、14日、京都市で開催中の京都国際映画祭で初公開された。博多華丸さん、富田靖子さんが演じる主人公夫婦の人情味あふれるドラマに、客席から大きな拍手が送られた。映画は2019年1月11日に福岡県内先行公開、同18日に全国公開予定。

 同作はTNCテレビ西日本が13年に制作したドラマを映画化。「めんたいこで人を幸せにしたい」と願う華丸さんと、それを支える富田さんの夫妻愛を軸に、博多祇園山笠や西鉄ライオンズの試合などを織り込んで昭和30年代の博多の物語がスクリーンいっぱいに描かれる。

 上映後、江口カン監督=写真右=と舞台あいさつした華丸さん=同左=は「今の自分を出し切った作品。全国の人に見ていただきたい」と笑顔で呼び掛けていた。

=2018/10/15付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ