日中関係改善の促進訴え 首相訪中「協力 新次元へ」

西日本新聞

 【北京・川原田健雄】安倍晋三首相は25日、日本の首相として約7年ぶりに中国を公式訪問した。北京の人民大会堂で開かれた日中平和友好条約締結40年の記念式典であいさつし、「新たな時代にふさわしい新たな次元の日中協力の在り方について胸襟をひらいて議論したい」と強調。26日に予定する習近平国家主席、李克強首相との会談に向けて意欲を示した。

 日本の首相が国際会議出席を除き、中国を公式訪問するのは2011年12月の野田佳彦前首相以来。安倍首相は習氏らとの首脳会談を通じて、日中関係改善の動きを加速させ「新たな段階」へと高めたい考えだ。

 安倍氏は式典で、中国への政府開発援助(ODA)の終了方針に触れた上で「日中両国が世界の平和と繁栄のためにともに貢献する時代が来ている」と述べ、新たな途上国支援の在り方を協議する考えを示した。また「力を合わせて日中友好の船を前へ前へと進めていこう」と呼び掛け、青少年交流の促進を表明した。

 李首相も式典で「中国の新しい対外開放という大きなチャンスを逃さないでほしい」と強調。中国の経済圏構想「一帯一路」へ日本企業の協力を呼び掛けた。

 式典に先立ち両首相は懇談し、26日の会談に向けて意見交換した。

 安倍氏は26日の李氏との会談で、金融危機時に通貨を融通し合う通貨交換協定の再開など経済関係の強化を協議。米中の貿易摩擦を念頭に、自由貿易体制の重要性についても意見を交わす見通しだ。

 習氏との会談では早期来日を改めて要請。北朝鮮の非核化に向けた連携を確認し、日本人拉致問題の解決に向けた協力も取り付けたい考えだ。東シナ海のガス田共同開発に必要な交渉の早期再開も求める。

=2018/10/26付 西日本新聞朝刊=

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ