ソフトバンク日本一なら…経済効果313億円 福岡県内試算

西日本新聞

 福岡県は27日に開幕したプロ野球日本シリーズで、福岡ソフトバンクホークスが7試合を戦って広島東洋カープを破り日本一になった場合、県内に約313億円の経済波及効果があるとの試算をまとめた。

 ホークスの本拠地ヤフオクドーム(福岡市)で3試合、対戦相手の広島の本拠地マツダスタジアム(広島市)で4試合戦い、ヤフオクドーム開催分は全試合満席(3万9千人)になるとの仮定で算出した。

 優勝記念セールなどの売り上げ増加が約209億円、ヤフオクドームの観客(クライマックスシリーズやパブリックビューイングを含む)消費額が約60億円、優勝パレードの観客が飲食をしたり買い物をしたりして生まれる消費額が約44億円と見込んでいる。

 福岡県は「地元球団の活躍は、スポーツ振興や青少年の健全育成など金額で表せない効果もある」としており、「2年連続日本一の栄誉を勝ち取ってほしい」と期待している。

=2018/10/28付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ