米軍は映画1000円、海自も割引 特殊な料金設定のワケ 佐世保市の「シネマボックス太陽」

西日本新聞

 佐世保市で唯一の映画館「シネマボックス太陽」(島地町)は、他の地域にない特殊な料金設定をしている。一般1800円に対して、米海軍は千円、海上自衛隊は1100円。そのわけを取材すると、佐世保特有の地域事情と街の映画館が生き残るための工夫が見えてきた。

 米海軍佐世保基地に所属する兵隊や家族は、受け付けでIDカード(身分証明書)を提示すると千円で入れる。

 映画の楽しみ方は日本人と少し違う。「米兵はビールを4、5本、ポップコーンを2箱くらい買ってくれる」と支配人の村岡実さん(43)。「客単価で言えば日本人の2、3倍になる」という上客だ。

 シネマボックス太陽を経営するスバル興業社長の牛島義亮さん(66)は「私が20年ほど前に料金を千円にした」と明かした。60歳以上(1100円)、幼児と小中高生、障害者(千円)と同程度の金額だ。詳しい経緯を聞いてみると-。

 1950年代の初頭。米海軍基地のある佐世保は朝鮮戦争の特需で潤い、繁華街も映画館も大いに繁盛した。シネマボックスの前身「スバル座」は55年に牛島さんの父が創業した。

 好景気は長く続かなかった。朝鮮戦争が一段落し、経済成長で円高ドル安が顕著になると、米軍基地関係者の客足は遠のいた。基地の中にある映画館もライバル。厳しい経営環境の中、客をつなぎとめる営業戦略として発案したのが「米軍割引」だった。ドル払いも(10ドル)認めている。

 村岡さんによると、かつては基地内に上映作品のポスターを張って宣伝することができたが、2001年の米同時多発テロを境に途絶えた。それでも「アベンジャーズ」や「ドラゴンボール」を上映すると、館内は米兵でにぎわった。

 主要な在日米軍基地がある神奈川県や沖縄県、青森県の映画館に問い合わせたが、米軍割引はなかった。佐世保ならではと言える。

   ◇    ◇

 では、海上自衛隊の料金が安いのはなぜか。「佐世保では戦争ものが当たるから」と牛島さんは言う。

 「男たちの大和/YAMATO」(05年)、特攻隊を扱った「俺は、君のために死にに行く」(07年)を上映したときに自衛隊員を割引にしたところ、隊員の客が目に見えて増えた。それを機に1100円の料金にしたそうだ。

 12年には海上自衛隊と割引の契約書を交わした。海自の要望で防衛省の職員も1100円にした。こちらも、お得意さんである。

 「佐世保はやはり、米軍と自衛隊でもっている街。優遇してもいいのではないか」。牛島さんの実感だ。

 佐世保と同じように旧日本海軍鎮守府の開設以来、海上自衛隊や米海軍基地と歩んできた神奈川県横須賀市にも、自衛隊割引をしている映画館があった。「自衛隊の街ですから」。従業員は取材にそう答えた。

 シネマボックス太陽が特殊な割引ができるのは個人経営の映画館だからだが、佐世保市一帯の人口は減り続けており、工夫を凝らさないと生き残れない。

 「県北で唯一の映画館。佐世保の映画文化を継ぐためにも経営を続ける」。牛島さんは自負心と使命感を口にした。

=2018/11/01付 西日本新聞朝刊=

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ