博多献上道中あでやかに 東長寺や承天寺など巡る

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 博多織や着物文化の良さをPRする恒例行事「博多献上道中」が3日、福岡市博多区であり、黒留め袖に博多織の帯を締めた女性ら20人が街を練り歩いた。

 今年は例年とは異なり、「KOUGEI EXPO IN FUKUOKA(第35回伝統的工芸品月間国民会議全国大会)」が開かれているマリンメッセ福岡を出発。会場中央にそびえる博多祇園山笠の飾り山笠の前から歩き始めると、来場客はあでやかな姿にうっとり。同市西区の豊田彩子さん(44)は「すごく豪華で迫力があった。いつか自分も出たい」と話した。

 この後、一行はJR博多駅前で博多券番の芸妓(げいぎ)衆と合流。芸妓衆の乗った人力車を先頭に、東長寺や承天寺(じょうてんじ)などを巡った。

=2018/11/04付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ