高校生の開発商品、返礼品に 「光栄です」生徒喜び

西日本新聞 ふくおか都市圏版

返礼品に採用された甘酒とかりんとうをアピールする宇美商の生徒たち 拡大

返礼品に採用された甘酒とかりんとうをアピールする宇美商の生徒たち

 宇美町の宇美商業高の生徒たち開発の甘酒&かりんとうセットが、町のふるさと納税返礼品に採用された。寄付額1万円のお礼で、甘酒2本、かりんとう3袋がもらえる。

 同校では昨年から、オリジナル商品開発に3年生が取り組んでいる。甘酒はビジネス情報科、かりんとうは総合ビジネス科が担当。生徒たちは試食や市場調査を繰り返して味付けや風味を工夫し、地元の酒造会社と製菓会社が製造した。

 甘酒はオレンジと桃の香りが利いて飲みやすく、かりんとうは地元のみそやハーブが入った食べ飽きない味。校内外のイベントで販売し好評だったことから、町が「宇美のPRに最適」と返礼品に採用した。

 返礼品は50セット限定。生徒たちがお礼の言葉と一緒に商品を箱詰めし、12月発送を予定している。ビジネス情報科の佐伯魁(かい)さん(18)は「自分たちの商品が町のPRになるのは光栄です」と喜ぶ。木原忠町長は「生徒たちの力で、宇美を全国にPRできれば」と話している。

=2018/11/15付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ