「逆さ紅葉」公開 佐世保市江迎町の寿福寺 アクリル板にも彩り

西日本新聞

 佐世保市江迎町長坂の寿福寺で16日、旧本堂の床に敷いたアクリル板に庭園のカエデを映して楽しむ「逆さ紅葉」が公開された。

 板張りの床に紅葉が映える「床紅葉」で知られる京都の実相院をヒントに、2006年から始めた。6畳大のアクリル板には、色づいた木々の葉が逆さまに、おぼろげに映っている。

 バスツアーの人気スポットで、13年から新緑の季節にも披露している。松園光基住職(71)は「今年は紅葉が早く、色づきが良い。風情を味わってください」と話す。公開は26日までの正午~午後4時。拝観料500円。

=2018/11/17付 西日本新聞朝刊=

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ