ガメ躍動、八代沸く 妙見祭神幸行列

西日本新聞

 380年前から続く熊本県八代市の秋祭り「八代妙見祭」のメイン行事、お上り神幸行列が23日にあり、江戸時代の祭礼絵巻を再現した40の出し物が見物客約20万人(主催者発表)を魅了した。

 妙見祭の神幸行列は、全国33件の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」の一つとして2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。この日は、旧城下町の各町内が守り継いできた豪華絢爛(けんらん)な笠鉾(かさぼこ)9基や、亀と蛇が合体した想像上の動物「亀蛇(きだ)」(通称ガメ)などからなる約7千人の行列が約6キロを練り歩いた。

 人気のガメは、演舞場の川を水しぶきを上げて走ったり、桟敷席に上ったりして見物客を喜ばせた。

=2018/11/24付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ