無添加「正直飴」を発売 唐津市の商社「カラツスタイル」 地元のハーブやはちみつ素材に

西日本新聞

 化粧品や食品の製造販売などを手掛ける唐津市南城内の地域商社「カラツスタイル」が、添加物を使わず伝統的な製法でつくった「正直飴(あめ)」の販売を始めた。健康志向の高まりを意識し、無農薬農法で栽培された玄海町産の薬草など、地元中心の安心・安全な素材にこだわった。同社は「名前にふさわしい仕上がりになった」としている。

 販売しているのは、同町産のハーブ4種をブレンドした「正直ハーブのど飴」▽県産はちみつと嬉野産の抹茶を使用した「抹茶はちみつ」▽アンデス産岩塩と県産はちみつを使った「岩塩はちみつ」▽県産ショウガと嬉野産の和紅茶を組み合わせた「生姜(しょうが)和紅茶」-の4種類。職人による手作りと直火(じかび)釜による製法にこだわる武雄市の岸川製菓に製造を委託した。10月中旬に発売した。

 パッケージは人気イラストレーターのますこえりさんが手掛け、あめを口に入れようとしている女性のイラストをあしらった。会員制交流サイト(SNS)などで「和モダンなデザインがかわいい」と評判になり、売れ行きも上々という。

 カラツスタイルの亀石克美社長は「添加物を使っていないため、食後の優しい後味が特徴。佐賀のお土産としてもお薦めしている」と話す。

 唐津市大名小路のまいづる本店や佐賀市柳町の幕末維新博公式ショップ(旧牛島家)などで販売。45グラム入りで291円。問い合わせは同社=0955(79)6015。

=2018/11/25付 西日本新聞朝刊=

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ