芸術文化の祭典に幕 国民文化祭 来年の新潟へ大会旗

西日本新聞

 「第33回国民文化祭・おおいた2018」と「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」の閉会式が25日、大分市のiichiko総合文化センターであった。大会旗を来年開催される新潟県の関係者に引き継ぎ、約2カ月にわたった祭典を締めくくった。

 祭典は「おおいた大茶会」をテーマに10月6日に開幕。県内各地で164の企画が行われた。

 閉会式では祭典を締めくくる「フィナーレステージ」があり、日本舞踊や長唄などをたしなむ市民グループが、由布岳や今年開山1300年を迎えた国東半島の六郷満山(天台宗を中心とした寺院群の総称)の自然をイメージした舞やダンスを披露。その後、広瀬勝貞知事から新潟県の高井盛雄副知事に大会旗が手渡された。広瀬知事は「期間中は芸術文化が街にあふれ、交流と出会いがたくさん生まれた」と振り返った。

=2018/11/26付 西日本新聞朝刊=

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ