4K8K間近、視聴へ必要な準備は? 超高画質放送12月1日開始

 超高画質をうたうテレビの4K8K本放送が12月1日から始まる。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、より高精細な「次世代映像」の導入を検討している人も多いのではないか。4K8K放送を見るにはどんな機器が必要で、どんな準備が必要なのか調べた。

対応テレビとチューナーは購入必須

 現在のフルハイビジョン(約207万画素)と比べて、4Kは4倍(829万画素)、8Kは16倍(3300万画素)の解像度がある。普及に努める放送サービス高度化推進協議会や総務省は「従来見えづらかったスポーツ選手の表情も分かる」「臨場感のある映像を体感できる」などのメリットを示している。

 ここでは、一戸建ての家で4K放送を視聴する環境づくりを想定してみた。集合住宅や、ケーブルテレビの利用など条件によって見直すものは異なる。

 まず4K放送に対応したテレビの購入は必須。販売開始から5年以上たつので既に購入した人もいるだろう。実際に4K放送を視聴するにはテレビだけでなく、対応チューナーも必要となる。総務省は昨年12月、チューナー購入を周知するよう家電量販店に要請したが「まだ4K対応テレビだけで視聴できると思われている人がおられるようです」(同省の情報流通行政局衛星・地域放送課)。

 福岡市のビックカメラ天神2号館は、4Kチューナーのコーナーを特設した。「ご予約承ります!」と書かれた販売前の製品を含め、メーカーや価格、性能が選択できる。「12月には各社の製品が出そろうでしょう」と売り場担当の安川和佳さん。一部メーカーのチューナー内蔵4Kテレビも販売が始まり、店内ではデモ放送を流して美しい画像をPRしている。

全部視聴するならアンテナ交換も

 テレビとチューナーを買いそろえたら、次に検討するのは衛星(BS/CS)アンテナだ。結論から言うと、すべての4K8K放送を見る場合、個人宅のアンテナは、ほぼ買い替えなくてはならない。

 現在の衛星放送は、右旋円偏波(右旋)と呼ばれる放送波を使用。4K放送は右旋に加え左旋円偏波(左旋)という新しい放送波も使う。この左旋は大半のアンテナでは受信できない。NHKと民放キー局が提供する右旋の4K放送だけなら現状でも視聴できるかもしれないが「スカパー!」の「スターチャンネル」など左旋の4K放送、NHKの8K放送を見るためには交換する必要がある。

 「見落としがちなのが、アンテナ線となる同軸ケーブルやブースター(増幅器)、分配器、テレビ端子などの配線機器・装置です」(ビックカメラの安川さん)。左旋は高い周波数を使うため、従来の配線では信号を伝達できない可能性があるという。「テレビとチューナーをつなぐ『HDMIケーブル』も、4Kに対応したものを使わないと色の再現や動きのなめらかさなど、4Kの特長を生かせなくなります」

プラスαの映像に価値見いだせるなら…

 価格はチューナーが2万~5万円台、アンテナ本体が1万円前後。加えて工事費などがかかる。調べていくと4K視聴への道のりは短くはない。そもそも現在のフルハイビジョン放送がなくなるわけではない。プラスアルファの映像に価値を見いだせるのなら新たな出費も納得できるだろう。

 テレビが約35万画素の標準画質から約6倍の画素数の「フルハイビジョン画質」に切り替わったときは「高精細になった」と感心した。そのフルハイビジョンも毎日見ているとすでに「当たり前」。いつか4K放送にも見慣れて、標準的な画質に思える日が来るのかもしれない。

=2018/11/26付 西日本新聞夕刊=

PR

PR