『博多に強くなろう 北九州に強くなろう 100の物語』 西日本シティ銀行 編  (上下各2484円)

西日本新聞

 鎌倉時代の元寇(げんこう)があれば、昭和の西鉄ライオンズもある。江戸時代の儒学者、貝原益軒がいるかと思えば、松本清張もいる。古代から現代まで、博多と北九州にまつわる興味深い人物や事象が100の物語になった。その道の専門家が語る談話形式で、語り手も作家の白石一郎さんや進藤一馬元福岡市長など豪華だ。「現在のJR博多駅は1963年に一晩で東南に600メートル移転した」(博多駅物語)などトリビアも満載で飽きない。約40年間にわたって発行された冊子の書籍化。出版部=092(711)5523。

=2018/12/01付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ