「ウンコソフト」新名物なるか 色も形もそっくり

西日本新聞

 北九州市のアイスクリーム店「雪文(ゆきもん)」が、大分県佐伯市が売り出すチョコレートアイスクリーム「スパイシーウンコソフト」を完成させた。

 まちづくりの催しで交流が生まれ、「インパクトのあるお土産を」と佐伯市が依頼。漢字練習や算数などの「うんこドリル」が人気になっており、流行と食育を意識したアイスに仕上げた。

 大分県産牛乳と地場産ショウガを使い、さわやかな風味。チョコレートの量など試行を重ね、アイスを絞り出す機械にも変更を加えて色と形を似せた。22日、佐伯市まちづくりセンターよろうや仲町で試験販売。奮(ふん)闘実り新名物になるか。

=2018/12/08付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ