「ケロロ軍曹」聖地化狙う? 作者ゆかりの熊本

西日本新聞

 熊本市は、下水道事業創設70周年を記念して、熊本ゆかりの漫画家、吉崎観音(みね)さんの人気作「ケロロ軍曹」のキャラクターをあしらったマンホールのふたを市内2カ所に設置した。

 「ケロロ軍曹」は1998年に作品化され、今年20周年を迎えた。吉崎さんが小中学生時代を熊本市で過ごした縁もあり、コラボ企画が実現した。

 ケロロ軍曹が高烏帽子(えぼし)で加藤清正公に扮(ふん)した1枚をJR熊本駅新幹線口付近に、その“ケロロ清正”が仲間たちを率いる1枚を市中心部の花畑広場周辺に設置。市は「2枚を探して街を歩いては」。ファンの聖地化も狙う?

=2018/12/12付 西日本新聞朝刊=

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ