年賀状ノルマ廃止どうなった? 金券店への持ち込み大幅減 一部の郵便局は今年も…

西日本新聞

 2019年用年賀はがきの販売がピークを迎える中、九州の郵便局員から「今年は販売のノルマがなくなり楽になった」との声が寄せられている。「過剰なノルマ」との批判があった「販売指標」を日本郵便が廃止する方針が明らかになった9月には、局員たちは半信半疑の受け止めだったが、自腹での購入を迫られるような状況は改善されつつある。ただ一方で、指標とは別の名目で過度な販売目標を課す郵便局があるなど、形を変えたノルマが一部では残っているようだ。

 福岡県の郵便局の男性社員は「昨年までのように、無理な目標を『何とか売れ』と言われなくなった」と話す。ノルマ廃止が報じられた際は「変わるとは思えない」と不信感があったが、今年は「なじみのお客さんに声を掛けるように」と上司からハッパを掛けられる程度で、毎日のように販売枚数を報告させられることもなくなったという。

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ