【動画あり】凍る御池、湖上を散歩 くじゅう連山・中岳頂上直下

西日本新聞

 九州本土の最高峰、くじゅう連山・中岳(1791メートル)の頂上直下にある御池(みいけ)(大分県竹田市)の水面が、寒波の襲来に伴って全面凍結した。晴れた日は雪化粧した真っ白な山や池と、青空がつくり出す美しい景色を見ることができ、登山者の目を楽しませている。

【動画】凍結した御池。転倒防止のためにアイゼンを装着して歩くと、氷に刺さる独特の音が楽しめる。

 「くじゅうネイチャーガイドクラブ」の安武秀年さん(49)によると、8日の寒さで凍結が始まり13日ごろ全面が凍ったという。厚さは最大で約30センチとみられ、上を歩くこともできる。

 例年1月後半に安定するまでは、気温によって氷の厚さに変化があるという。安武さんは「歩くなら必ず滑り止めの金具を着用してほしい。一部が解けている場合は割れることもあり、転落に注意して」と話している。

=2018/12/18付 西日本新聞朝刊=

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ