メイト黒崎ビル屋上を夜景の名所に 九工大生ら整備検討へ意見交換

西日本新聞 北九州版

 洞海湾沿岸の工業地帯を一望できる北九州市八幡西区黒崎の商業施設「メイト黒崎ビル」の屋上を夜景鑑賞スポットに整備できないか検討する会合が19日、現地であり、環境デザインを学ぶ九州工業大の学生や夜景写真の専門家、北九州市職員らが意見を出し合った。

 メイト黒崎ビルは8階建てで、JR黒崎駅に近接。屋上からは鹿児島線を行き交う電車や黒崎バイパスを走る車の流れ、安川電機本社や三菱ケミカル黒崎事業所の工場の明かりを眺めることができる。九工大関係者からは、屋上を緑化して子連れの家族など幅広い世代が憩える公園のようにする案などが提案された。

 施設の核テナントだった井筒屋黒崎店は来年5月に撤退予定だが、施設を運営するメイト黒崎(北九州市)の重越謙二社長は「学生たちのアイデアは頼もしい。地の利を生かして楽しい空間を作っていきたい」と話した。

=2018/12/20付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ