「007」人気1位は「カジノ・ロワイヤル」 スターチャンネル、29日からランキング方式で放送

西日本新聞

 スターチャンネルは20日、英国のスパイ、ジェームズ・ボンドが活躍する映画「007」シリーズの人気投票の結果を発表した。1位に輝いたのは6代目ボンドのダニエル・クレイグが主演した「007 カジノ・ロワイヤル」(2006年)で、2位には初代ボンド、ショーン・コネリーの「ロシアより愛をこめて(007危機一発)」が入った。

 投票は9月15日から11月30日まで、番外編と位置づける1967年の「カジノ・ロワイヤル」と「ネバーセイ・ネバーアゲイン」を除く24作品を対象に実施。同チャンネルの視聴の有無にかかわらず受け付け、約1万票が寄せられた。

 1位の「カジノ・ロワイヤル」は、ロンドン五輪開会式にボンドとして出演したダニエル・クレイグ版の第1作だ。「ロシアより愛をこめて」はシリーズ第2作で、同名の主題歌が大ヒットした。各作品は29日から来年1月3日にかけ、同チャンネルで4作品ずつ24位から順番に放送される。

 3位以下は次の通り。(3)007 スカイフォール(4)私を愛したスパイ(5)ゴールドフィンガー(6)007 スペクター(7)ドクター・ノオ(007は殺しの番号)(8)ゴールデンアイ(9)007は二度死ぬ(10)女王陛下の007(11)007 慰めの報酬(12)トゥモロー・ネバー・ダイ(13)ダイヤモンドは永遠に(14)ダイ・アナザー・デイ(15)ワールド・イズ・ノット・イナフ(16)サンダーボール作戦(17)ムーンレイカー(18)リビング・デイライツ(19)ユア・アイズ・オンリー(20)黄金銃を持つ男(21)死ぬのは奴らだ(22)オクトパシー(23)消されたライセンス(24)美しき獲物たち

=2018/12/20付 西日本新聞夕刊(娯楽面)=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ